オナ禁

オナ禁でニキビを治すには

サイト開設当初から、ニキビに関するご相談を頻繁に受けています。

その中の多くが、「オナ禁を続けているのに、ニキビが治らない or 逆に悪化した」というものです。

そして、そうした方たちのお話を聞くと、ほとんどの方が間違ったオナ禁をしていることが分かります。

このページに記されている正しいオナ禁法を実践すれば、もちろん個人差はありますが、早い方で10日ほどで結果が目に見えてきます。

※もし、この方法でもニキビが治らない場合、病院の皮膚科を受診されることをお奨めします。


正しいオナ禁法


簡潔に言うと、「Hなことを考えない」

これだけです。


オナ禁していても、四六時中Hなことを考えていたり、寸止めオナニーをしていた場合、ニキビは治るどころか悪化していきます。

これは、性的に興奮している場合、射精しなくとも、男性ホルモンの分泌量・射精できないことによるストレスが増大し、その結果として かえって皮脂(アブラ)の分泌が促進されることによるものと思われます。


ですから、オナ禁をする場合、「Hなことを一切考えない」ことを常に意識していてください。実際に、全く考えずにいることは 初期の段階ではほぼ不可能です。しかし、心のどこかで常に意識しているだけで、「Hなことを考えている時間」というのは 格段に減りますので、どうかこのことを念頭に置いておいてください。


オナ禁だけではダメ

先ほどお話した「正しいオナ禁」というのは、ニキビに対する内側からの改善策です。

異常な性欲によって過剰に男性ホルモンが分泌されている人にとって、オナ禁はニキビに対してだけでなく様々な面でとても効果的です。

しかし、ほとんどの方の場合、これに加えて外的な(肌の環境を変える)改善策が必要となります。

その際に、私がお勧めしているのはこちら です。

女性用のものですが、男性ホルモンの抑制に力が向けられているため、今まで過剰に男性ホルモンが分泌されていた方にお勧めです。

※万一、肌に合わない場合、使用を中止してください。また、オナ禁によって根本的な改善はなされているはずですから、 継続的な使用というのは必要ないと思います。ご自分のお肌の状態と相談しながらご判断ください。

>>オナ禁で抜け毛は止められるか






このエントリーをはてなブックマークに追加
inserted by FC2 system